ミドリ新聞は、「地域の健康・文化に寄与し、顧客、社員、会社の満足サイクルの拡大を図り、社会に貢献する」ことを目的とし、広島ミドリスイミングクラブの会員様向けに、年に2回定期発行中の情報誌の電子版。ミドリのことがいろいろ分かる、身近な情報がたっぷり♪




11号(2017年9月)

10号(2017年5月)

9号(2016年9月)

8号(2016年5月)

7号(2015年10月)

6号(2015年3月)

5号(2014年9月)

4号(2014年3月)

3号(2013年9月)

2号(2013年3月)

1号(2012年9月)






水泳は3歳からでもできるスポーツです。そして、自転車を乗るのと同じように、一度習得すると体が一生覚えていてくれています。従って、小さなころから泳げるようになっておけば、海やプールに行っても水難事故に合いにくくなります。
また、ケガをしにくいスポーツであり、全身の筋肉をバランスよく高めてくれる運動です。泳いでいる時を想像してみてください。腕から足まで全身を使っていますね。このように一度に全身を使うスポーツって意外に少ないんですよ!
だから、例えばサッカーや野球、バレーなど他のスポーツをされる場合においても、水泳をやっていることによる相乗効果が期待できます。なぜなら、水泳によってついたバランスの良い筋肉と持久力や筋力のおかげで、トレーニング効果がより高まるからです。
『他のスポーツに専念したいので、スイミングは退会する』という親御さんの声もよくお聞きしますが、ぜひ水泳も続けて全身のバランスの良い筋肉をつくりつつ、他のスポーツにもチャレンジしていただければ嬉しいです!







当クラブでは、水泳を習っていただくだけではなく、ライフスキルいわば「生きる術」も身につけていただきたいと願っております。
あいさつをしたり、ありがとうを言う、こんな当たり前のことですが、分かっていてもできない大人も沢山いますね。このようなことは、小さな頃からしつけをしておくことが大事で、習慣になれば苦になりませんが、習慣化されていない方にとっては、人間関係がストレスになっていきます。
当クラブのレッスンは毎回、コーチ、仲間そしてプールに対しての「お願いします」というあいさつで始まり、「ありがとうございます」のあいさつで終わっています。
また、チームとしての約束事を守ってもらうために、
1.集中してコーチの言うことを聞こう! 2.注意しながら練習しよう! 3.@、Aを繰り返すことで成長しよう!
という3つの訓練も行っています。
『チームでの約束事を守る』『周りに迷惑をかけないように気にかけた行動をとる』『仲間やコーチに挨拶をする』そういったことで、ライフスキルを高める活動を小さな頃からの習慣として、行っています。これは、将来間違いなく社会で役立つ習慣であり、小さな頃からしつけしておくことが大事と考えて取り組んでいます。






子どもスイミング会員の保護者の皆さま、お子様にどれくらいの泳力をご希望ですか?『とりあえずクロールや平泳ぎだけ泳げればいいかな』とお考えの親御様も多くおられ、そこで辞めてしまわれる方も多いのですが、当クラブとしては、4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)まで続けていただければと考えております。なぜなら、4泳法をマスターしていただくことで、お子様の将来の健康な体づくりや、他のスポーツをされるうえでの基礎となる、『バランスのよい筋力』をつけることにつながるからです!! 加えて、個人メドレー、上級クラスまで続けていただくことで、楽しみながら持久力、忍耐力、集中力が養われます。
私も小学6年生まで水泳を続けたことで、中学から始めたバスケットボールのトレーニングもスムーズに入れた記憶があります。現在も、スイミングとバスケットボールを両立して健康な体を維持しています!






ベビースイミングでは、毎月(8月を除く)、コーチ手づくりのオリジナルイベントを開催しています! 会員様(兄弟姉妹含む)ならどなたでも参加可能で、毎回20名程度が参加されています。イベントの場所や内容はコーチが企画しているから、参加費もとってもリーズナブル!
ママさん達も子育て仲間づくりやストレス解消に楽しまれてますよ〜♪お気軽にご参加ください!




成長の著しいこの時期(6ヶ月〜4歳)からスイミングを始めることは、『風邪をひきにくくなる』『運動神経の発達につながる』など、お子様の成長にとても良い影響を与えます。
また、水に対する恐怖心が少なくなり、水泳を習う段階になっても大きな差となって現れます!




実際のクラス タイムスケジュールをチェック
資料請求・お問い合わせお客様の声 無料体験・短期集中教室・お問い合わせ先:082-877-6161
  会社概要