ミドリ新聞は、「地域の健康・文化に寄与し、顧客、社員、会社の満足サイクルの拡大を図り、社会に貢献する」ことを目的とし、広島ミドリスイミングクラブの会員様向けに、年に2回定期発行中の情報誌の電子版。ミドリのことがいろいろ分かる、身近な情報がたっぷり♪




11号(2017年9月)

10号(2017年5月)

9号(2016年9月)

8号(2016年5月)

7号(2015年10月)

6号(2015年3月)

5号(2014年9月)

4号(2014年3月)

3号(2013年9月)

2号(2013年3月)

1号(2012年9月)





私も子供のころから水泳を習っていましたが、当時は、水泳の練習と言いつつ、いつも遊んで楽しんでいましたね!(笑)


水泳はともすると単調なスポーツととらえられがちですが、一度はまると抜け出せなくなる楽しいスポーツです。ですから、子ども達にはレッスンを通じて、『自分にとっての楽しいこと=はまるポイント』を見つけてもらいたいと思っています。
広島ミドリスイミングクラブでのレッスンに遊びを取り入れているのは、そういった私の思いから。『水泳は楽しい』だから『プールに行きたい』と、心から感じてもらいたいのです。


またご家庭でも、レッスンから帰ったお子様に、「どうだった?」「楽しかった?」や「上手になったね」などと、声をかけてあげていただけないでしょうか。泳げる距離が10m⇒15mになっただけでも大進歩!このようなちょっとしたことでも、褒めてあげることで気持ちは盛り上がります。当クラブのお子様には、ぜひ水泳をめいっぱい楽しんでいただきたいと、心から願っています。









水泳は、一度体が覚えてしまうと一生忘れることはありません。それは自転車や車の操作と同じで、一度体が覚えてしまうと、無意識に体が反応してくれるようになるからです。
また、お子様が大人に向けて成長していく過程で、海や川、プールなどの水に触れて遊ぶ機会も少なくないでしょう。そういった中での水難事故防止のためにも、ぜひ小学生のうちに正しい水泳を身につけていただきたいと思います。



水泳は、ケガが少ない運動として、赤ちゃんからお年寄りまで一生涯に渡って続けやすいスポーツです。0才〜80代くらいまで幅広い年代で楽しめる唯一のスポーツであるといっても過言ではありません。お子様のうちから水泳に親しんで、楽しみながら『泳ぎ』と『健康』な体を得ていただき、生涯スポーツとして続けていただければ嬉しいです。ちなみに、水泳を始めるのに年齢制限はなく、何才からはじめても『泳ぎ』は身につけることができます。






プールに立つと足の方に水圧がかかるため、血液を心臓へ押し戻す力が働きます。したがって、一旦足の方に流れた血液を心臓に押し戻す際に必要な圧力が小さくて済むので、プールに入るだけで心拍数、血圧が下がるのです!


プールでの運動は、水の浮力の影響でひざに負担がかかりません。したがって、標準体重よりずっと体重が重く、陸上で激しい運動をするとひざを痛めてしまうといった方の運動に最適です!ダイエットやリハビリなどによく利用されています。


陸上では重力がかかっているので、つまずいたり、ひねったり、骨を折ったりしてしまうのです。水泳の場合は、重力は浮力で打ち消されているため、自分で力を加えなければ、自分の体のできること以上に力がかかることがありません!考えられるケガといえば、プールの壁を強く蹴りすぎて足をつったり、隣の平泳ぎの人に腹を蹴られた(笑)などでしょうか。


体脂肪を減らすには、楽なペースでの長時間運動が最も効果的。その代表的なものとして、水泳があげられます。エネルギーの消費量で考えると、ランニング(ジョギングではないですよ)が最も数値が高いのですが、それを1時間以上続けることは、マラソン選手でない限り困難です。しかし、水泳ならばそれが可能なのです。さらに、プールは雨でも冬でもできるというメリットも!


水中では、浮力によって体に重力がかからないため、リラクゼーション効果が高いです。ストレスの解消や、精神の安定にも効果があります。さらに言えば、暑い夏の昼間なら、エアコン代の節約にもなりますよ。


水中での運動は、陸上の運動と違って、3次元のバランス感覚が要求されます。したがって、水泳では、高度なバランス感覚が磨かれます。スキーやスノボー、サーフィンなど、バランス感覚の要求される運動の良いトレーニングになります。





陸上で手回しの練習をするレッスンです。水中での動作は、体の接点がないため、とても不安定で、自分で思うように体を動かせないことがしばしば。そこでミドリでは、陸上を使って安定したところで動作をし、感覚を身につけてもらうような練習をしています。
陸上では体と地面が接していて、安定した動作ができるため、『こう動かせばいいんだ!』といった感覚が、身に付きやすいのです。



実際のクラス タイムスケジュールをチェック
資料請求・お問い合わせお客様の声 無料体験・短期集中教室・お問い合わせ先:082-877-6161
  会社概要