ミドリ新聞は、「地域の健康・文化に寄与し、顧客、社員、会社の満足サイクルの拡大を図り、社会に貢献する」ことを目的とし、広島ミドリスイミングクラブの会員様向けに、年に2回定期発行中の情報誌の電子版。ミドリのことがいろいろ分かる、身近な情報がたっぷり♪




11号(2017年9月)

10号(2017年5月)

9号(2016年9月)

8号(2016年5月)

7号(2015年10月)

6号(2015年3月)

5号(2014年9月)

4号(2014年3月)

3号(2013年9月)

2号(2013年3月)

1号(2012年9月)







広島ミドリスイミングクラブでは、1ヶ月に一度、レッスンの成果を試す進級テストを行っています。そこで、日ごろから進級という目標達成に向けて努力した結果、テストに合格して喜んだり、不合格になって悔しさを感じるなど、結果に一喜一憂します。
そして、晴れて合格の際にはその感動が自信となり、お子様の精神力を成長させます。小さなころから『目標に向かってがんばる』という経験は、人生でのかけがえのない財産です。



レッスンではコーチの指導のもと、クラスごとに集団で行動するので、ルールを守ってみんなと同じように行動することや、他人を思いやる気持ちを学ぶことができ、『協調性』が身につきます。
また、『あいさつ』『人の話を聞く』『順番を守る』『周りに迷惑をかけない』など、今後の成長過程で必要な『社会性』も育むことができます。







当クラブは、25mクロールを練習中のお子様〜4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)習得済みのお子様までを対象に、2ヶ月に1回は、レッスンの中にターンの練習を取り入れています。
25mをクリアした後は、将来的に50m泳げるように、100m泳げるようになど次の目標を見据えながら、練習していただいています。







食物アレルギー(卵・小麦粉)があり、体を強くする目的でベビースイミングからはじめたと、母から聞きました。元々、母が泳ぐのが好きだったことや、スイミングを通じて子ども(僕)とスキンシップを取ろうという想いもあったようです。それ以来、広島ミドリスイミングクラブには約8年間通っていますが、コーチや仲間たちとの練習や合宿などすべてが大切な思い出です。

スイミングをやってきて良かったことは、がんばって練習することで全国大会などに出場できるようになったことです。そのたびに、どんどん楽しくなっています。これからも、もっともっと練習して上手になって、全国大会でよい順位を目指したいです!僕にとってスイミングは、もう人生の一部分です!

水泳を練習して大会に出場するようになると、勝負に勝ったり負けたりするようになります。すると、『今度はもっと速く泳ごう!』という気持ちになって、また練習します。それを繰り返していると、泳ぐのがどんどん速くなっていくので、スイミングはとっても楽しいですよ♪



実際のクラス タイムスケジュールをチェック
資料請求・お問い合わせお客様の声 無料体験・短期集中教室・お問い合わせ先:082-877-6161
  会社概要