ミドリ新聞は、「地域の健康・文化に寄与し、顧客、社員、会社の満足サイクルの拡大を図り、社会に貢献する」ことを目的とし、広島ミドリスイミングクラブの会員様向けに、年に2回定期発行中の情報誌の電子版。ミドリのことがいろいろ分かる、身近な情報がたっぷり♪




11号(2017年9月)

10号(2017年5月)

9号(2016年9月)

8号(2016年5月)

7号(2015年10月)

6号(2015年3月)

5号(2014年9月)

4号(2014年3月)

3号(2013年9月)

2号(2013年3月)

1号(2012年9月)






「我が家は転勤族で、1年前に愛知県から安佐南区の祇園に引っ越してきました。スイミングをはじめさせたのは、子どもたちに『体を動かすことを好きになってほしい』という想いと、『家族で海に行って楽しみたい』という想いからでした。
転勤が決まった時に、上の2人の子どもが愛知県で通っていたスイミングクラブから、ミドリスイミングさんを紹介していただき、通いはじめました」




「長男のよしきは選手クラスに入れていただき、『ミドリスイミングに練習に来るのが楽しい!』と言ってます!
二男のけんたは育成クラスで、こちらも楽しくて仕方がないようです♪以前は、多少やらされている感がありましたが、ミドリスイミングでは『楽しい!』が先にあって、本人も『行きたい!』って感じが満々で、やりたくて仕方ないようです!去年の年長さんの時は体力が無かったですが、1年生になってからすぐに体力がついたように感じます!」



「末っ子のまきは、水を怖がり、人見知りだったので、『通わせなくてもいいかな』と思いつつも、とりあえず通わせてみました。最初は泣きながら通っていたのですが、今ではすっかり慣れ、いつも『楽しい!』と言って帰ってきます!
『水が怖い』というようなことはすっかり無くなりましたし、以前は私とプール行ってもしがみついてばかりでしたが、今は自分から顔つけして、水と楽しそうに遊んでいます!また、風邪をひいても熱を出さなくなりました。基礎体力がついたような感じがします。いつも全力で楽しんでるようで、プールに入った日は疲れてすぐに寝ます(笑)」




「ミドリスイミングはコーチ同士が仲良く、いつも楽しそうに指導されているのが印象的で、とても安心感を感じました!また、以前は記録会がありませんでしたが、ミドリスイミングは進級記録会もあり、子どもたちのがんばりが目に見えて、とても楽しみです!」




「『ミドリスイミングは厳しい!』というイメージをよく噂で言われますが、育成や選手コースものびのびとしていて、とっても楽しいです!もちろん、常識を外れると叱られますが(笑)
育成コースなど上のクラスに進むことで、自分で目標を持つようになりますし、何より一つのことに一生懸命打ち込んでくれるのが、親としては嬉しいです!長男は消極的な印象ですが、小学校の中では水泳がとても速いグループのようで、自分に自信を持てるようになったのはとても良かったです!練習は孤独ですが、タイムが伸びた時は子どもたちも嬉しそうです!」










実際のクラス タイムスケジュールをチェック
資料請求・お問い合わせお客様の声 無料体験・短期集中教室・お問い合わせ先:082-877-6161
  会社概要