ミドリ新聞は、「地域の健康・文化に寄与し、顧客、社員、会社の満足サイクルの拡大を図り、社会に貢献する」ことを目的とし、広島ミドリスイミングクラブの会員様向けに、年に2回定期発行中の情報誌の電子版。ミドリのことがいろいろ分かる、身近な情報がたっぷり♪




11号(2017年9月)

10号(2017年5月)

9号(2016年9月)

8号(2016年5月)

7号(2015年10月)

6号(2015年3月)

5号(2014年9月)

4号(2014年3月)

3号(2013年9月)

2号(2013年3月)

1号(2012年9月)



ーいつからミドリスイミングに通っていますか?
小学校4年生くらいからです。引越しの関係で、他のスイミングクラブからミドリスイミングに通うようになって、今は安佐中に通う中学3年生です。ミドリ入会当初は育成クラスでしたが、今では選手として活動しています。


ー最近の成績はどうですか?
オリンピック代表へ向けての合宿に参加できることに!

今年8月の全国中学校体育大会(以下全中、秋田)では、200m平泳ぎで6位になり、ジュニアオリンピック夏季大会(東京)では、200m平泳ぎで3位なりました。また、9月上旬のわかやま国体(和歌山)にも出場しました。
全中では日本代表基準のナショナルタイムを切り、オリンピック出場を目指す『ナショナル合宿』(10月)に参加できることになりました!


ーどんな練習をしていますか?
毎朝、5時過ぎ〜朝練してます!

毎朝、朝練をしています。5:10〜7:30までミドリスイミングで泳ぎ、8:00まで筋トレをし、それから朝ごはんをミドリで食べて、安佐中に登校する、といった生活を続けています。


ー毎朝5時過ぎから練習するほど、スイミングは楽しいですか?
タイムが上がると達成感が!

水泳は、試合に出るたびにタイムが上がっていって、達成感があります。そして、僕もタイムが止まっていた時があったのですが、そこで頑張ったからこそ今があると思います。


ー伸び悩む時が大事なんですか?
うまくいかない時こそ、飛躍につながる!

伸び悩む時こそ頑張ったほうがいいと思います。うまく行かない時こそ工夫するから、それが飛躍につながると思います!
頑張ったら、いつか伸びる時がくるので、あきらめないで欲しいです!


ー水泳の楽しさを、ミドリの会員様に伝えてください
風邪をひかなくなるし、頑張ることの大切さが分かる!

水泳を続けたら体力がついて風邪はひかなくなりますし、水泳を通じて頑張ることの大事さや努力は報われるということを身を持って感じることができるので、是非水泳を続けてもらいたいと思います!


ー最後に、誰かに伝えたいことは?
コーチや親に感謝したい!

コーチや親に感謝したいです。
永田コーチは、厳しいところは厳しいけど、僕に水泳の楽しさや喜びを教えてくれます。
そして親には、毎日4:30に起こしてもらい、そして自宅の大町からミドリまで連れて来てもらうなど、とても感謝しています。また全国の試合にも欠かさず応援に来てくれるので、励みになっています。
この場を借りて、皆にありがとうございますと、感謝を伝えたいです!





実際のクラス タイムスケジュールをチェック
資料請求・お問い合わせお客様の声 無料体験・短期集中教室・お問い合わせ先:082-877-6161
  会社概要